笹色片思い

アクセスカウンタ

zoom RSS 近江900形 〜その3〜

<<   作成日時 : 2015/04/01 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【屋根加工】

更新が滞っている間に、春になってしまいました(汗)
画像


車体より時間が掛かったのが、屋根加工作業です。
ご存知の通り、製品のベンチレータは一体成型で、目を瞑ってしまえば何てことないのでしょうけど目立つ部分でもあるので、ココはモリタ製のベンチレータに換装します。

まずは Mc2車のベンチレータとクーラー取り付け穴を撤去し、開いた穴をプラ板で埋めます。
製品はTc車の屋根流用なので、クーラーの向きと位置が変わります。
また乗務員室寄りのベンチレータ2個の位置も、微妙に違う事に今更ながら気付いてしまいましたので、この際修正しちゃいましょう!

画像

実車の写真を参考に位置決めします。
列車無線アンテナから、1個目のベンチレータの位置。客扉に合わせると良いでしょう。
右側が乗務員室です。

画像

そしてこちらが2個目のベンチレータ。こちらも右側が乗務員室です。

画像

穴開けした状態。
クーラーとランボードの位置は、 Mc1車の位置と向きに合わせます。
ランボードは、BONA製『P-150私鉄用クーラー脇ランボードA』を使用しました。

画像

ベンチレータ・ランボード・クーラーを載せた状態のイメージ。
これで Mc2車の屋根加工は終わり。

画像

Mc1車はベンチレータ・ランボード・屋上機器を換装、パンタグラフを TOMIX製#250を採用する為、パンタ台をBONA製『P-132パンタ台座B』を取り付けました。
屋上機器は、以前から採用しているKATO製のAssyパーツを配置してます。

この作業が非常に時間が掛かりました。
集中力が持続できない時は、徐々に進めましょう!しんどいです。

画像

クレオス#305で塗装し、細部の色入れをして屋根が完成しました。
クーラーは、GM製の CU721が手に入ったので、急遽交換し最近の姿になりました♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近江900形 〜その3〜 笹色片思い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる